自己満足ですね(笑)

地下鉄千日前線 日本橋駅 家系ラーメン あじどの

IMG_2528

地下鉄千日前線 日本橋駅 「家系ラーメン あじどの」で「ラーメン」(680円)のり多め(100円)を頂きました。

横濱出身の自分としては、日本橋で家系ラーメンが食べられるのは大変うれしいことです。

関西には他にも家系ラーメンがあります。しかしそれは家系ラーメンを考案した吉村家の味とは違い、そこからアレンジされ派生した家系ラーメンの味である気がします。関西にある家系ラーメンは、どちらかというと昔、屏風ヶ浦にあった某家系ラーメンの味に似ています。(あくまでも主観です)その家系ラーメン屋は今はなくなってしまったようですが、ラーメンよりカレーライスが美味かったと評判でした。カレーセットをよく食べにいきました。
横濱は今ほど家系ラーメン店は多くありませんでした。昔、屏風ヶ浦でおじさんが独りでやってた小さな家系ラーメン店を知る人は少ないでしょう

関西にはクリーミーなスープの家系ラーメンまで売る信じ難い商売をされてるお店まであります。本物の味が全てとは言い切れませんが、それを家系と思って食べるお客様がいると思うと残念です。関西ではほとんど知られることのない家系ラーメンですが、こちら「あじどの」のラーメンは、吉村家から派生した六角家直系の味です。この意味は関西にある家系ラーメンではオリジナルに一番近いということです。(家系ラーメンは六角家が広めたと言うのはまぎれもない事実で家系を完成に持っていた実力店です)

「何が家系ラーメンなの?」こんな質問があったとしたら「六角橋に行ってください」と言いたいです。できれば吉村家も横浜家も、そしてその後に「あじどの」のラーメンを食べ、他にある関西の家系ラーメンを食べるとわかると思います。ただ、この家系ラーメン、1度食べただけでは美味しいとは思わないかもしれません。2度目からは美味しいと思えるでしょう。家系は本当に難しいところです。

 

家系ラーメンを食べるパターン、食べ方があります。「あじどの」で家系ラーメンは大盛りがオススメです。大盛りの方が家系らしさの味が出しやすいのです。(「あじどの」の大盛りは六角家なら「中」サイズです。)

1、スープを味見(ラーメンなら当たり前ですね)

2、のりをスープに浸す。

3、麺をスープに浸したのりで包んで食べる。

IMG_2532 IMG_2549

5、麺とのりがなくなったら、おろし生姜やおろしニンニクを少量入れてスープにアクセントを入れる。

6、5の味に飽きたらお酢を少々入れてスープを飲む。(スープの味自体が濃いので)

以上の様なパターンが一般的だと思います。

IMG_2541 IMG_2553

昭和だった頃、吉村家はまだ杉田にありました。確か朝の5時から営業していました。昼時になると16号線沿いにある吉村家の前の道路はラーメンを食べるお客の車が駐車してあり大混雑していました。吉村家の大将が「ラーメンなんてうまい時もまずく出来た時もあるだよ!」黙って食えと聞こえんばかりに堂々と客の前で言っていたのを覚えています。また、ラーメンを注文するさいに自動販売食券機で決済始めたのは吉村家が最初かもしれません。
ところで吉村家が経営していたビデオ店はどうなったのでしょう…

六角家の「流しまーす」の声も思い出すと懐かしいです。あの頃、ちょっとぽっちゃりめのお姉さんが音頭とってました。
六角家に自動販売食券機がなかった頃、当時は食べた後に料金を支払っていましたが、支払いのときお金を忘れてしまいました。六角家のオーナーさんにその事を言い謝ると「いつでもいいよ」と言ってもらえました。自分がまだ18歳くらいの頃です。たまたま銀行カードを持っていたのに気がついて、当時道路向かいにあったあさひ銀行(富士BKかも)でお金を引き出して払いに行った思い出があります。困っていた自分にすごく優しく対応して頂きました。

 

横濱の家系ラーメン店でもいろいろな味がありますが、自分が10代の頃から食べ続けていた家系ラーメンの味に一番近いのは関西では「あじどの」のラーメンだけです。
うんちく書きましたが、2度食べてみる価値があります。

昔の思い出に浸れるラーメンの味を出し、味を継承している「あじどの」の店長さんに感謝したいと思います。

 

 

ごちそうさまでした。

[mappress mapid=”42″]
家系ラーメン あじどの
営業時間夕方〜翌5:00(土日は昼も営業)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加